直線上に配置

         

                   お母さんになられる(なられた)方へ

     こんにちは赤ちゃん!小児科訪問 のすすめ  

              (お産前後の子育て相談)

 お産後退院してから、すぐにいろいろな心配ごとがでてきます。赤ちゃんの湿疹、ウンチのこと、泣きかたが気になる、熱がでたらどうしようなど、・・・あなたはどうしますか?

 

 

 こんにちは赤ちゃん!小児科訪問 とは、お産前やお産後に、なんでも相談できる小児科医を早く知ってもらい、安心して楽しく子育てをしてもらおうという子育て支援です。

 

 

 お産後に退院してからは、小児科医がいつでも相談にのってくれると安心ですね。

 産科施設でもおっぱいのことなどいろいろお聞きになっているとは思いますが、赤ちゃんの病気や子育てについて小児科医にも相談できると、もっと安心してお産後の生活をスタートできます。

 

 

 お産前あるいはすぐ後に、小児科医と顔なじみになっておきましょう。小児科医と早く顔なじみになっていれば、お産後に赤ちゃんのことで心配になっても、気軽に相談ができて安心です。

 

 

 何を相談してよいか分からなくても結構です。どんなことでも、なんでも相談できます。小児科医がいろいろなことをお答えします。顔つなぎができるだけでも安心ですね。

 

 

 産科医と小児科医が協力してお手伝いをします。

 お産後の子育ての心配や不安を少なくして、少しでも楽しく子育てができるように、北九州産婦人科医会と北九州地区小児科医会とが協力して、お母さん方の子育てのお手伝いをします。

 

 

 

 この子育て相談は無料です。産婦人科医と小児科医の育児支援に対する熱意によって 始まりました。現在は、北九州市医師会の応援もいただいています。また、北九州市 にもご協力をいただき、各区役所での母子手帳交付の時にこんにちは赤ちゃん!小児科訪問のチラシを配布しています。 今後、継続して無料の この相談が維持できるかどうかは、これからの子育て支援・少子化対策の動向にかかっています。 

 

 

 実際にはどうするのですか?

1.産科医あるいは産科施設のスタッフにお申し出ください。

2.産科医が小児科医への紹介状を用意します。

3相談期間は妊娠28週から産後2ヶ月までです。できるだけご夫婦での訪問を希望します。

4. あらかじめ、訪問予定の小児科へ電話連絡して、ご自身で日時を予約してください。

5.予約した日時に、小児科を訪問してください。(予約時間をお守りください。)

 

 

 小児科はどのように選ぶのですか?

・ご希望の小児科に紹介します。

・分からない場合は、お母さんと相談の上、お近くの小児科を紹介します。

 

 

 小児科では、他の病気のお子さんたちと接触しないように配慮します。

・一般外来とは別の時間帯に訪問していただきます。

30分程度の時間をかけて、ゆっくりと話し合いをします。

相談医によって相談時間帯の設定が異なりますのでご了承ください。)

北九州産婦人科医会・北九州地区小児科医会

 

トップ アイコン
もどる

直線上に配置